子ども 野菜不足

野菜嫌いの子供でも飲んでくれる美味しい青汁の見分け方

  •  
  •  
  •  

野菜嫌いの子供でも飲んでくれる美味しい青汁の見分け方

苦味のないものを選ぶ!

こどもが飲むことを前提として考えたとき、 一番大事なのが味です。

 

いかに栄養素があっても苦くてまずいと100%飲み続けてくれません。

 

青汁が苦くなるのはケールという原材料のせいです。

 

ケールは栄養価がとても高く、ビタミンAやカルシウム、
そしてGABAや食物繊維などが含まれており、
とっても栄養素がたかいのですが、とっても苦いんです。

 

なので子どもが飲む青汁にはぜひ、ケールの代わりに、
味のマイルドな明日葉や大麦若葉が主成分になったものを
選ぶといいですよ♪

 

 

栄養価の高い青汁を選ぶ!

これは譲れない点ですね。

栄養を補うために飲むのですから青汁は栄養価の高いものを選びましょう!

 

子どもも飲むからと言って甘味料や香料などの
添加物のたくさん入っているものは避けましょう。

 

なるべくは国産で・無添加のものが、
効果も高く体にいいのは間違いありません。

 

 

溶けやすい粉末青汁を選ぶ

基本的に青汁はさっと作って飲むことの方が多いです。

 

わざわざお湯を沸かさないと溶けきらないタイプだと手間がかかって
毎日続けるのが億劫になります。

 

子ども向けに牛乳に溶いたりするときが多いので、
溶けやすさって結構大事です。

 

 

甘味料などの使われてない青汁を選ぶ

最初に苦味に関して言及しましたが、
甘味料などの添加物で味をごまかしているものはNGです。

 

甘味料の使われている青汁は、 その分、栄養価が薄まっているものが多いからです。

 

栄養を取るために飲むのですから、栄養価が下がってしまっては本末転倒!

大前提として苦味のないもの、 それからもちろん栄養価の高いものを選ぶのがポイントです。

 

 

そんな青汁ほんとにあるの?と思われる方に、

続いては、我が家おすすめの青汁をご紹介します!

関連記事

青汁について

▲ PAGE TOP 

子どもの野菜不足の解消法として青汁をご紹介しています。 苦い・まずいというイメージの強い青汁ですが、子供にも飲んでもらえる工夫をすれば野菜不足、ひいては野菜嫌いも克服できるかも!

Copyright 子どもの野菜不足の解消法 All Rights Reserved.